”英語はできて当たり前“ の時代

日本の経済状況と世界のグローバル化のために、あなた方が就職活動するころは、大変厳しい状態になっているかもしれないことは、あなた方もなんとなく感じていることでしょう。

英語を実際に使いこなせれば、其れが武器の一つになることは確かです。

らくらく英語教室の目的と目標は、一人でも多くの人が実際に使える英語を身に着けることです。

この教室で、小学校や中学1年で英語の第一歩から始めた生徒たちは、ABC の書き順や、大文字から小文字がどのように出来上がっているか、それぞれの字の持つ発音など、最も基本的な事をきっちり身に着けて普段の生活の延長として英語を感じ取っているせいか、英語に対する拒否感がありません。

途中から始めた生徒が言っていました。

「今まではなんとなくという感覚でやってきたので、大きく外れることがあったけれど、この教室で、なぜそうなるかまで突っ込んで教えてくれるので、自分の解答にこれでいいんだという確信が持てるようになった」

「学校で習ってきたことがバラバラで、参考書を読んでも、元が分かっていなかった。ここで最初からやり直していると、わかりやすく具体的に説明してもらえるのでなぜ自分ができなかったかわかる」「学校ではこんなことまで教えてくれない」とも。

英語と日本語の違いをふまえて、学校の教科書で課ごとに新しく出てくる文法を立体的な基本構造としてそれがどのように応用されて発展していくかをつかみ、英語力の土台と骨組みを強固に作っていきますので、あとは単語力が着けば、応用が利くのです。

「英語って法則性があるんだな」「目からうろこのレッスンだ」と言った生徒も。

英語はグローバル化世界の共通語になるだけの大言語。

学校の試験に高得点を取っただけで、習得できるほど簡単ではありません。真剣にやればやるほどわからないところが出てくるのは当然です。

だから、間違いをどんどんして、自分の理解の至らないところをあぶりだして、英語の構造を強固にしてゆくのが得策です。らくらく英語教室では、ケアレスミスを繰り返す以外は、間違いと、それに質問は大歓迎です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ