英語学習の進め方

いつでもさっと手が伸びる―辞書引きの習慣は生涯の財産

小学英語で小文字を書き馴れるようになると、辞書引きを始めます。 まずなるべく大きな書店に行って、中学生用の辞書売場で、自分が気に入った辞書を選びます。 小さな事のようですが、自分で売り場まで行って、たくさんある辞書を自分・・・

東大の過去問について

18,9歳でこんな単語まで覚えていろという方が無理、と言いたくなるような、難解な単語を出す難関私立大学と違って、あくまで高校生の範囲の単語を使っています。 長文もそれほど難しくはないけれど、英作、正誤問題などを加えて、時・・・

日本語のカタカナ表記

すでに日本語となっている英語は、日本式の発音ではなく発音記号に基づいて、なるべく英語本来の発音に近い表記となっています。

'Progress in English'(旧版) について

イエズス会の神父によって編纂されたBook1から6までのテキストは教科書の古典とも呼ばれ、最難関校やミッシヨンスクールで使われています。 冠詞や形容詞句など、他の科書では、あまり重きを置かれていないけれど、大切な文法事項・・・

間違いと質問は大歓迎

質問されると、一様にためらいがちに答える生徒たちの姿に、いつも正解を求められて、間違いは許されないのだなと痛感します。 良い点数を取るために刻苦勉励しているのに、単純なケアレスミス(不注意な間違い)が多いのはなぜでしょう・・・

自分自身の単語帳ー最初から書き溜めた単語の数は宝物

ルーズリーフに自分で線を引いて、単語帳を作り、ナンバー、英語、品詞、日本語の順で新出単語を書き込んでいきます。 毎週、英語を日本語に、日本語を英語に直す単語チェックをやり、間違った単語に印をつけて、次の単語チェックに又そ・・・

自分自身の文法ノウトを作る

「文法よりコミュニケイションの方が大切」「こういう場合はこう言うという言い方を教えてくれればいい」という人がいますが、当教室ではそういう会話習得を目的とした勉強はやりません。 仮に、「こういう場合にはこういう言い方」をた・・・

英文の構造を立体的に掴む学習法

実際に参観したある区立中学では’My brother teaches English in Japan.’という英文を「My brotherはわたしの兄弟、teachは教える、English は英語、in J・・・

正しい発音-ジャパニーズイングリッシュでは通じない

ハーヴァード大学のサマースクールで、受講生全体が、大講堂で講義を聞くある日、講義の前に厳しいことで恐れられているディレクターが、「日本人学生はお立ち下さい」と言われて、十数人の日本人が起立すると、「昨日の女子サッカー世界・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ