生徒は

★★★
「学校じゃこんなことまで教えてくれないよ」と口々に言う生徒たち。
そう感じ取ることで、彼らの心の中に、さらに一歩進む力が芽生えるのです。

★★★
「えっ!? もうこんな時間?」と知らぬ間に没頭している生徒も。

★★★
「英語って奥が深いんだな。学校や他の塾の教え方は簡単すぎる」と公立中1年生にして早くも悟った男子生徒。私は、その認識能力をレッスンをとおして伸ばそうと努めています。

★★★
こういう勉強の仕方を当たり前として学んでいると、高校に入って、
「恭子、まわりがあまりにも英語ができないのでびっくりしたよ」
大学受験で初めて大手の予備校にいって、
「みんな、英語のこと全然わかってないんだね」と、改めて自分が積み上げてきた英語を見直すことになります。そこが肝心。

★★★
そうなると、「あいつ、出来るな」と認められて、「ぼくたち、彼に英語を教わってるんですよ」と友達がお母さんに報告するそう。
他人に教えることで、「ああ、英語ってこういう仕組みなんだ」と改めてより深く理解するので、まさに一挙両得です。

★★★
公立中で採用されている文部省の検定教科書は、2年の2学期から、不定詞や、比較級といった文法の中核に入りますが、スタート地点で、しっかり土台を固めていないと、より高度な文法にすんなり入るのは難しいのです。

基礎をゆるがせにはできないので、やり直しながら、同時に学校の進行に合わせて、定期試験の対策も取るというのは、至難の業です。

何よりも、2年半で染み付いてしまった、「英語は難しくてわからないもの」という先入観で心が閉じたままでは、いくら最初からやり直し、繰り返しても、理解も中途半端になります。

それを痛切に感じているのは、生徒本人で、「もっと早くここを知れば良かった」と言われるのは切ないです。

★★★
「理数は短期間でなんとかできるけど、英語は一夜漬けがきかないからなあ」と生徒自らが悟ったように、英語習得にかけた時間だけでなく、熟成させる期間も必要不可欠です。

★★★
「ぼくたち、英語を日本語に訳すの、全然怖くないから」
学校では授業中に何回も当たることはないので、和訳の力がつかないと。
和訳だけでなく、それをさらに英語に直して、スラスラ言える訓練もやるので、多くの生徒が、英語を物怖じせずにしゃべります。

★★★
「英語って、数学と同じように論理的に当てはめれば出来るんだとわかった」と中学で悟った私立高1女子生徒は、
学校からオーストラリアでホウムステイした時「私は英語をどんどん喋っていたけど、他の人達は、英会話学校に通っていても、全然喋れなかった」不思議がっていた彼女は、高1の時、奨学金を得て、英国ユナイテッド ワールド カレッジを卒業、今はバーミンガム大で勉学中。

★★★
「この教室で、英作文をやりこんでいなかったら、問題文を見てビビってしまって、手につかなかっただろうけど、日本文を英語にこう組み立てれば良いんだって、さっと読めるので、全然怖くない」と言った姉は、私立女子高2年の模試で、東工大A判定を。

★★★
「パパ、声の出る音と、出ない音知ってる?」とお父さんに教える小3女生徒。

★★★
母が、「みんな素晴らしいお母さんばかりで、びっくりした」と言うと、
「らくらく英語の学習法を理解できる親は、みんな素敵な親なんだよ」と医大現役合格した娘が。

サブコンテンツ

このページの先頭へ